柴犬のドッグフードの選び方!柴犬が喜ぶ餌は?

そばこ

柴犬は日本の風土に合い、とても丈夫な犬種です。ただしアレルギー性皮膚炎にかかりやすく、太りやすい体質でもあります。ドッグフードを選ぶときに十分配慮して、健康管理してあげましょう。

この記事では、柴犬に適したドッグフードの選び方を紹介します。

まずは基本!柴犬のドッグフードの選び方

二匹の柴犬とドッグフード

柴犬のドッグフードを選ぶなら、基礎知識として知っておきたいのが「総合栄養食・ドライタイプ・小型犬用」の3つです。

基本(1)主食には「総合栄養食」を選ぶ

柴犬のドッグフードは、「総合栄養食」を基本にしてください。
パッケージに「総合栄養食」と書かれているものを選んでくださいね。

総合栄養食は栄養バランスのいいドッグフードです。犬にとって必要な栄養を、しかも理想のバランスで配合しています。

基本的に、総合栄養食と水があれば犬の健康が保てるのだとか。毎日の食事にぴったりですね。

基本(2)手軽なドライタイプでOK

ドッグフードといえば一般的なのは、乾燥した「ドライ」タイプ。
カリカリした粒のドッグフードです。でも水分たっぷりの「ウェット」タイプもありますよね。

柴犬のドッグフードを選ぶなら、基本的にはドライタイプでOK!商品数が多く保存も効きます。しかも、ウェットタイプよりリーズナブルなので、おサイフにも優しいですよ~。

基本(3)「小型犬」用を選ぶ

別記事「ダントツ人気!柴犬の特徴は?性格や寿命、大きさを解説」で紹介した通り、柴犬は、日本犬のうち唯一の小型犬なんです。ご存じでしたか?

柴犬のドッグフードを選ぶなら「小型犬用」を選んでくださいね。

天気が良い空の下の柴犬

柴犬のドッグフード選び3つのポイント!

次に、柴犬のドッグフード選びで意識したいポイントを3つ紹介します。

ポイント(1)アレルギー予防にメインはお魚かチキン!

柴犬のドッグフード選びでポイントになるのが、アレルギー予防です。
きっと一度はどこかで「柴犬はアトピー性皮膚炎にかかりやすい」という話を見聞きしたことがあると思います。

柴犬はとても丈夫で、飼いやすい犬。でも皮膚トラブルが多い犬種でもあるんです。
アトピーは一度発症すると治りにくいため、事前に発症を防ぐことが大切です。

その原因のひとつがアレルギー。
つまり、できるだけアレルギーの元となるアレルゲンを食べさせないことが大切です。

メイン食材はチキンか魚類で

柴犬のアレルギー対策としては、メインの原材料が牛(ビーフ)や豚(ポーク)よりも、チキンやサーモンなのどお魚類がおすすめです。

それはなぜか?

犬のアレルギーの原因の多くはたんぱく質、そうお肉です。
とくに牛の肉にアレルギー反応をしめすワンちゃんは多く、アレルギー対策にはビーフを材料に使ったものはできるだけ避けたいもの。

だからこそ、鳥やお魚類がメインのものをおすすめします。

柴犬は昔から日本人とともに魚や鳥を食べてきたこともあり、この二種類ならとくに安全といえるからです。

グレインフリーの必要はない

穀物を含まない「グレインフリー」というドッグフードが流行っていますが、柴犬ではそれほど気にする必要はないでしょう。

とくに、昔からお米も餌として食べてきた経緯もあり、柴犬はお米や豆類をそれほど苦手としません。
それらが含まれていても安心して食べさせてください。

ただし、小麦などの穀物は、グルテンアレルギーの可能性がでるので、気になるならそれは避けたほうが良いでしょう。

グルテンフリーとかいてあれば安心ですよ。

とはいえ、メインが穀物の食材は問題ですよ。気をつけてくださいね

ポイント(2)運動量を支える高たんぱく

柴犬は運動大好きな犬種です。
元気な筋肉を保つためにも、高たんぱくなドッグフードを選びましょう

柴犬のドッグフードを選ぶときは、原材料をチェックしてください。最初に肉類や魚類が記載されていれば、動物性たんぱく質が豊富な証拠です。

ただし「動物性たんぱく質たっぷり!」と言っても、粗悪なたんぱく質では健康が心配です。
たとえば「肉類」「〇〇ミート」「肉副産物」などと書かれたものは要注意。あまり良い品質とは言えません。

逆にOKなのが、チキンラム肉鹿肉サーモンなど、“読んで分かる原材料名”が書かれたもの。それぞれ好みが違うので、愛犬のお気に入りの味を見つけてあげてくださいね。

ポイント(3)必要に応じて「ダイエット用」を!

柴犬は太りやすいことでも有名です。
「ちょっと肥満気味かな?」と思ったら、必要に応じてダイエット用のドッグフードを食べさせてあげましょう

柴犬はよく体を動かす分、ちょっと運動不足になると太り始める傾向があります。最近ではおやつの食べすぎで太る柴犬も増えています。

「可愛いから、ついオヤツをあげたくなる!」その気持ちはよく分かります。
でも肥満は健康によくありません。犬も人間も同じです。

ベストな体重を超えた状態が続くと、内臓や関節に負担がかかります。病気になれば愛犬もかわいそうですし、飼主にも医療費の負担がかかります。

特に避妊・去勢手術後は食欲が出て、太りやすい時期です。「避妊・去勢後用」のドッグフードも売られていますので、必要に応じて使ってみるといいですね!

まとめ

アレルギー性皮膚炎や肥満は、ある程度食事でコントロールできます。できれば穀物を含まないドッグフードを選んであげましょう。総合栄養食を基本にして、おやつの量を控えることも大切です。

ドッグフードの選び方については、別記事でも詳しく説明しています。
ライフステージごとの選び方や安全性についての情報もまとめました。ぜひあわせてご覧くださいね!

(関連)初心者でも失敗なし!ドッグフードの選び方5つのポイント

この記事を書いた人

そばこ

そばこ