真っ白な毛並み!紀州犬の特徴は?性格や寿命、大きさを解説

真っ白な毛並みが美しい紀州犬は、和歌山県や三重県原産の日本犬です。とても丈夫で日本犬の中でも人気が高く、柴犬に次いで2位の飼育数を誇ると言われています。

紀州犬の特徴や性格、寿命など、飼うなら知っておきたい紀州犬の情報をまとめました!

紀州犬って、どんな犬?

まずは、紀州犬はどんな犬なのかを紹介します。

>>紀州原産の日本犬

紀州犬はその名の通り、“紀伊の国”に生息していた日本犬です。山岳地帯で、イノシシやシカなどの猟犬として活躍していました。

一言で紀伊の国といっても範囲は広く、和歌山県や三重県などに及びます。そのため那智犬や太地犬、熊野犬など、地域名がついた土着犬がいました。

そんな中、「公益財団法人 日本犬保存会」によって一つの犬種にまとめられることに。そして「紀州犬」が誕生したのです。

>>全身真っ白な毛並み!

紀州犬といえば、何と言っても全身真っ白な毛並みが魅力です。

頭からしっぽまで、全部白!子犬はまるで、シロクマのぬいぐるみのよう。とても可愛いですよ~。

2002年公開の邦画『白い犬とワルツを』にも紀州犬が登場していますね!

妻に先立たれた孤独な老人と、白い犬との交流。ファンタジーに心温まり、紀州犬の美しさにも見とれてしまう映画です。

>>弘法大師を導いた、“案内犬”!?

紀州犬の祖先犬には、弘法大師にまつわるエピソードが伝わっています。

今からおよそ1200年前、当時はまだ空海だった弘法大師が、霊場を訪ね歩いていたときのこと。2匹の犬が現れて高野山まで道案内し、開山したのだとか。

なんとその犬が、紀州犬の始まりだというのです!

2017年、世界遺産の丹生都比売(にうつひめ)神社に、「すずひめ号」が奉献されたニュースをご存じですか?

丹生都比売神社は、高野山とゆかりが深い神社。そこに弘法大師を導いたという紀州犬の奉納……歴史やロマンを感じますね!

紀州犬の特徴!大きさや毛色は?

紀州犬の大きさや毛色など、特徴を見てみましょう。

紀州犬の特徴(1)体高はおよそ50cm!

紀州犬は中型犬です。

・大きさ(体高)・・・・オス52cm、メス49cm
・毛色・・・・・・・・・・・・・・白、赤、胡麻

(参考)一般社団法人 ジャパンケネルクラブ「世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : き : 紀州 – KISHU」

紀州犬の体高は約50cm。中型犬の中では、やや大きめの部類に入ります。

紀州犬の毛色は、白がほとんど。約95%を占めると言われていますよ~。

紀州犬の特徴(2)凛とした美しい容姿

紀州犬は均整のとれた体をしています。美しい容姿に、思わず惚れ惚れしてしまいますね!

猟犬として発達してきた紀州犬は、筋肉質でよく引き締まっています。優雅で力強く、たくましい……そんな美しさのある犬です。

紀州犬の特徴(3)知的なハンサム顔!

紀州犬は、顔もハンサムです!

日本犬特有の、ピンと立った三角形の耳に、賢そうな細めの目。そしてキレイに鼻筋が通った、端正な顔立ち。なんだか知的な雰囲気が漂いますよね。

紀州犬の性格は?

次は、紀州犬の性格を見てみましょう。

紀州犬の性格(1)穏やかで忍耐強く、飼い主に従順

これまでに「紀州犬=気性が荒い」という情報を見かけたことがあるかもしれません。

紀州犬は本来、穏やかで忍耐強く、落ち着いた性格をしています。他の日本犬と同じく、信頼した飼い主に忠誠を誓い、しっかりと尽くしてくれますよ!

紀州犬の性格(2)警戒心が強く、攻撃的な面もある

本来は穏やかな気質の紀州犬ですが、猟犬としての本能は残っています。闘争本能を見せるときがあることを覚えておいてくださいね。

警戒心が強いため、一気に距離を縮めようとすると逆効果になることも。吠えたり噛んだりする恐れもありますから、慎重なしつけが欠かせません。

そういう意味では、紀州犬は初心者には飼いにくい犬といえます。ある程度、犬に慣れた方のほうがいいですね。

なお自治体によっては、紀州犬を「特定危険犬種」指定している場合もあります。

その場合、「特定犬のシールを見やすい場所に貼る」「檻の中で飼う」といった条件付きで飼育が許可されます。紀州犬を飼うなら、お住まいの自治体の条例を事前に確かめておきましょう。

紀州犬の性格(3)人懐っこく、甘えん坊な一面も!

紀州犬は人懐っこく、甘えん坊な性格をしています。

穏やかだけれど、ときには勇敢さを見せ、そして人懐っこい……多様な性格をもつ犬なんです。

紀州犬のいい面を引き出せるか否かは、飼い主次第。ぜひ「紀州犬の飼い方としつけ!散歩やトイレトレーニングは?」(リンク:未作成)を参考に、信頼感を築いて良いパートナーになってくださいね。

紀州犬の寿命は?

紀州犬の平均寿命は、一般的な中型犬とほぼ同じです。

紀州犬の寿命の目安:14歳前後

とても丈夫な犬種ですが、発症しやすい病気の一つに甲状腺機能低下症があります。緑内障を発症する可能性もあるので、気をつけてあげましょう。

詳しくは、「紀州犬がかかりやすい病気は?」を参考にして、健康な状態を保ってあげてくださいね。

寿命をまっとうさせるために気をつけたいのが、十分な運動です。

もともと猟犬だった紀州犬は、体力十分で運動が大好き。毎日1時間を目安に散歩させてあげましょう。

運動量が足りなければ、ストレスを溜め込んでしまう可能性も。脱走やかみつきなどの問題行動の原因にもなりますから、散歩の時間をしっかり確保してあげてくださいね。

まとめ

本来は穏やかで賢い紀州犬ですが、猟犬としての闘争本能は残っています。自治体によっては、特定危険犬種に特定しているところもあり、初心者向きとは言えません。

犬の飼育に慣れていて、紀州犬の性格を読み取りながらしつけができる方は、紀州犬を飼うのに向いています。また、紀州犬は活発で運動が大好きなので、一緒に運動を楽しみたい方にも向いています。

紀州犬との暮らしには、経験と思いやりが必要です。その分、信頼関係が築けたときには、かけがえのないパートナーになれますよ!
以上