紀州犬の飼い方としつけ!散歩やトイレトレーニングは?

そばこ
紀州犬には“気性が荒い”というイメージもありますが、本来は穏やかで賢い犬です。狩猟犬としての性格が裏目に出ないよう、しつけてあげましょう。触れ合いや運動量の確保も大切です。紀州犬の飼い方やしつけ、さらには散歩やトイレトレーニングなど、飼うなら知っておきたい紀州犬の情報をまとめました!

紀州犬の飼い方

おすわりしている紀州犬
おすわりしている紀州犬

紀州犬は物覚えが良く、無駄吠えも少ない犬です。ただし狩猟犬としての闘争本能は残っており、初心者向きとは言えません。

紀州犬の飼い方を正しく理解してから、迎え入れてあげてくださいね。

紀州犬の飼い方(1)外飼い&室内飼い、どちらもOK!

古くから日本で暮らしてきた紀州犬は、日本の暑さや寒さには慣れっこ。紀州犬の飼い方は、室内はもちろん、外飼いも可能です。

暑さに慣れているとは言っても、近年は驚くほどの猛暑続き。外で飼う場合、熱中症にかからないように対策してあげてくださいね。

紀州犬の飼い方(2)頑丈&背の高いサークルで脱走防止!

勇敢な紀州犬は、現役の狩猟犬として活躍しています。紀州犬の故郷である三重県には、“獣害対策犬”の訓練を受けた紀州犬がいるゴルフ場も!

芝生を掘り起こすイノシシや、花壇や森を荒らすシカを追い払って、ゴルフ場を守っているのだとか。その任務のカッコよさと、見た目の可愛さ。そのギャップがたまらないですよね!

(参考)東建多度カントリークラブ・名古屋「獣害対策犬/天然記念物 チャッピィーとピコのご紹介」

それほどの運動能力をもつ紀州犬ですから、脚が強くジャンプ力もあります。万が一の脱走を防ぐために、頑丈で背の高いサークルや屋根付きのハウスを用意すると安心ですよ~。

紀州犬の飼い方(3)特定危険犬種の場合も!

自治体によっては、紀州犬を“特定危険犬種”に指定している場合があります。

その場合、「オリの中で飼う」「特定犬の飼育が分かるシールを貼る」といった条件付きで飼育が許されます。紀州犬を飼うなら、お住まいの自治体の条例を事前に確かめておいてくださいね。

紀州犬のしつけ

紀州犬は賢い犬種です。きちんとしつけを行い、穏やかな家庭犬にしてあげましょう。

紀州犬のしつけ(1)距離感をはかりながら、信頼関係を築く

利口で我慢強い紀州犬は、しつけやすい犬種だと言われています。ただし紀州犬のしつけをスムーズに行うためには、信頼関係がベースになります。

警戒心が強いので、一気に距離間を縮めようとすると、吠えたり噛んだり逆効果になることも。人間関係と同じで、信頼関係を築くには時間がかかるんですね~。

たとえば「一貫した態度でリーダーシップを発揮する」「健康状態を細やかに気づかってあげる」「居心地の良い環境を整えてあげる」など、日々の触れ合いの中で信頼関係を築いてくださいね。

紀州犬のしつけ(2)社会性を学ばせる

紀州犬のしつけでは、社会性を学ばせることが欠かせません。

警戒心が強い紀州犬は、知らない人に触られることをイヤがります。他の動物に対しても、攻撃的になる可能性もあります。

散歩に連れて行くたびに吠えたり、飛びかかろうとしたり……それでは散歩中ずっとヒヤヒヤしてしまいますよね。

小さい頃から、家族以外の人や犬と関わらせたり、音などの刺激に慣れさせたり、社会性を学ばせてあげてくださいね。

紀州犬のしつけ(3)呼び戻しができるようにする

紀州犬のしつけでは、呼び戻しの訓練も大切です。

狩猟犬のDNAをもつ紀州犬には、何かのにおいを嗅ぎつけると、追いかけようとする本能が働きます。散歩中に、勝手に走り出してしまったら大変ですよね。

車も走っていますし、他の通行人もいます。トラブルに巻き込まれるリスクがあるのです。走って行ったまま迷子になったら、悔やんで悔やみきれません。

でも、呼び戻しができるなら大丈夫!名前を呼んだら戻って来るように、小さいときからしつけてあげましょう。

紀州犬の子犬の顔アップ
紀州犬の子犬の顔アップ

紀州犬の散歩

体力がある紀州犬は、散歩が大好きです。飼い主として、十分な体力や時間があるのかを考えてから、迎え入れてあげてくださいね。

紀州犬の散歩(1)朝夕2回、「1日1時間」が目安!

紀州犬の散歩は、朝夕など1日2回以上、トータルで1時間ほどが目標です。

十分な散歩ができなければ、紀州犬はストレスを溜め込んでしまいます。ストレスから脱走したり、物を噛んだり……そんなトラブルを防ぐためにも、たくさん運動させてあげましょう。

暑い時期は、コンクリートやアスファルトの温度が下がってからにしてあげてくださいね。

紀州犬の散歩(2)首輪やリードは丈夫なものを!

紀州犬を散歩に連れて行くときは「首輪やリードは丈夫なものを!」が鉄則です。

紀州犬は力が強く、瞬発もある犬種です。しっかりした首輪やリードでなければ、急に走り出したときに外れたり壊れたり……というトラブルにつながりかねません。

飼い主に、いざというときに力いっぱい引ける力があるかどうかも、大切な点です。散歩を子どもには任せず、大人が連れて行くようにしましょう。

紀州犬の散歩(3)ドッグラン使用は細やかな配慮を!

紀州犬が普段の散歩だけで物足りないなら、思い切り走り回れるドッグランを使用するのも一つの手段です。

ただし、なにぶん狩猟本能が残っている紀州犬ですから、注意が必要です。他の犬とのコミュニケーションがとれるのか、呼び戻しができるのかなど、十分に様子を見てから連れて行ってくださいね。

紀州犬のトイレトレーニング

紀州犬は頭のいい犬種ですから、トイレトレーニングも比較的スムーズだと言われています。

大事なポイントは、一貫性をもってトレーニングすること。「ちゃんとトイレできたら大げさに褒める」「粗相しても怒らない」という2点を徹底してくださいね。

特に“怒らない”というのは大切です。失敗を怒ってしまうと“トイレすること”自体を注意されたと勘違いして、隠れてトイレを済ませてしまう可能性もありますよ!

紀州犬の子犬
紀州犬の子犬

まとめ

紀州犬は、自治体によっては特定危険犬種に指定されています。狩猟犬としての本能が備わっている点を十分に理解して、紀州犬を飼うことが必要です。

飼い主のしつけや愛情は、きっと紀州犬を利口で穏やかな家庭犬にするはず!犬を飼った経験があり、体力に自信があるのなら、正しくしつけて紀州犬との暮らしを楽しんでくださいね。

日本犬の飼い方は「初心者でも分かる!日本犬の飼い方やしつけ基礎知識まとめ」でも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

そばこ

そばこ