犬を飼育するのに必要な「生涯費用」はどれぐらい?

秋田犬の家族

そばこ
日本犬を飼うなら、どうしても気になるのが費用ではないでしょうか?飼ってから「え、こんなにお金がかかるの!?」と慌てないで済むように、あらかじめ把握しておきたいものですね。そこで今回は、犬の飼育にかかる生涯費用をシミュレーションしました。ぜひ参考にしてください!

犬の生涯にかかる飼育費用

日本犬を飼いたいけれど、どれぐらいかかるのか不安……という方のために、まずは予想される生涯費用を紹介します。

<犬を生涯飼うための費用目安>

  • 小型犬・・・・・・・・・・・約230万円
  • 中型犬・・・・・・・・・・・約250万円
  • 大型犬・・・・・・・・・・・約300万円

※寿命を、小型犬と中型犬は15年、大型犬は13年で計算。

日本犬の中でもっとも飼育数が多い柴犬は「小型犬」です。小さいとはいっても、生涯育てるには230万円ほどかかります。年間コストにすると、およそ15万円です。

忠犬ハチ公でおなじみの秋田犬は「大型犬」です。体が大きい分よく食べることもありエサ代が大きく、生涯で約300万円かかります。年間コストにすると、およそ23万円です。

もちろん概算なので、こんなにかからない場合もあります。でも逆に、もっと高い場合も多々あります。「責任を持って犬を飼うには、お金がかかる!」という事実を、しっかり頭に入れておきましょう。

犬の飼育費用一覧

ちなみに日本犬を飼うための生涯費用は、「初期費用・毎月の費用・医療費」の3つに分けられます。それぞれの内容と費用の目安を見てみましょう。

日本犬の飼育費用(1)初期費用

日本犬を飼う際、最初に必要になるのが初期費用です。主な初期費用には次の3つがあります。

  1. 犬の購入費用
  2. 犬の登録費用
  3. 飼育グッズ代

それぞれの内容と費用の内訳を見てみましょう。

(1)犬の購入費用

目安:10万円~20万円

ペットショップやブリーダーからの購入費用は、犬種や血統書の有無などによって異なります。里親になる場合は、購入費用はいりません。

(関連)日本犬の里親になるには?秋田犬や柴犬の里親になる方法&注意点
https://dog-japan.net/nihonken-satooya/

(2)犬の登録費用(予防接種や登録手数料)

目安:1万円

犬を飼うには、地域の保健所で情報を登録しなくてはなりません(畜犬登録)。狂犬病の予防接種を受けた上で、登録手続きを行いましょう。地域差はありますが、すべての費用を合わせると1万円ほどかかります。

ペットショップの中には、予防接種などを代行してくれるペットショップもあります。もちろんかかったお金は、購入費用に上乗せされますよ~。

(3)飼育グッズ代

目安:2万~3万円

日本犬を飼うにあたって、基本的な飼育グッズを揃えておきましょう。選ぶグッズや量によって差はありますが、費用は2万~3万円といわれています。

日本犬を迎えるにあたって用意しておきたいグッズは、次のようなものです。

  • サークルやケージ
  • トイレ用品(トレーやシーツなど)
  • 給水器やフードボウル
  • ドッグフード
  • 散歩グッズ(首輪やリードなど)

飼育グッズには、「これ、あったら便利かも!」と思うアイテムがたくさんあります。でも全部買うとキリがないですよね!

まずは最低限のものを揃えて、様子を見てから必要なものを購入することをおすすめします。無駄なものを買わずに済みますよ~!

日本犬の飼育費用(2)毎月の費用

日本犬を飼うと、毎月の費用もかかります。主な費用には次の3つがあります。

  1. ドッグフード代
  2. シャンプー&トリミング代
  3. ケア用品代

それぞれの内容と費用の内訳を見てみましょう。

(1)ドッグフード代

目安:小型犬3,000円/中型犬4,500円/大型犬6,000円

毎月の費用でもっとも大きいのは、何と言ってもドッグフード代です。挙げた費用は、市販のドッグフードを食べた場合の目安です。オーガニック素材やこだわり素材を使った高級ドッグフードだと、さらに費用がかかります。

別記事「初心者でも失敗なし!ドッグフードの選び方●つのポイント」(リンクを貼る:●●未作成)も参考に、価格と内容のバランスがとれたドッグフードを選びたいものですね!

(2)シャンプー&トリミング代

目安:小型犬3,000円/中型犬4,500円/大型犬6,000円

シャンプー&トリミング代も、大きなウエイトを占める費用です。一般的に、秋田犬のように体が大きくなればなるほど、費用もかかります。また日本スピッツのように毛が長い場合も、高くなる傾向があります。

(3)ケア用品代

目安:2,000円

ケア用品代も、意外とあなどれない出費です。主なケア用品には、歯磨き用品や耳掃除用品、ブラシ、爪切り、トイレシートなどがあります。消耗品が多いため、トータルで見ると結構な費用になりますね。

日本犬の飼育費用(3)医療費

日本犬を飼うなら、健康を保つための費用も必要です。主な費用には次の3つがあります。

  1. 病気やケガなどの医療費
  2. 去勢・避妊手術費用
  3. 狂犬病ワクチンの予防接種代

それぞれの内容と費用の内訳を見てみましょう。

(1)病気やケガなどの医療費

目安:3万~6万円(年間)

犬が病気やケガをすれば、動物病院で治療を受けます。ペットの医療費は飼い主の全額負担のため、高額になると大変です。

では一体、医療費はどれぐらいかかるのでしょうか?参考になるのが、東京都福祉保健局のペットに関する調査です。

(参考)東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要(平成23年度)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/horeishiryou/siryou.files/23tyousa_gaiyou.pdf

犬の年間医療費でもっとも多かったのは「3万~6万円未満」で35.1%、次いで「1万~3万円未満」の24.8%です。しかも「20万~50万未満」と答えた人も7.0%いるのだとか!

病気やケガの内容によっては手術・入院も必要になり、ますます高額になります。「犬にかかる医療費は意外と高い」という事実を、きちんと認識しておかなければなりませんね~。

(2)去勢・避妊手術費用

目安:オス2万~3万円/メス3万~5万円

去勢・避妊手術を行うかどうかは、飼い主の判断です。「手術する!」と決めたら、かかりつけの獣医さんに相談してください。

費用は、犬の大きさや入院日数によって異なります。目安はオスが2万~3万円、メスが3万~5万円です。

(3)狂犬病ワクチンの予防接種代

目安:3,000円(年間)

狂犬病ワクチンの予防接種は「毎年1回」が義務付けられています。4月から6月の間に接種しましょう。地域によりますが、費用は3,000円が目安です。

(4)フィラリア予防薬代

目安:小型犬 12,000円/中型犬 13,000円/大型犬 15,000円

フィラリア症予防のために薬を服用するかどうかは、飼い主の判断です。注射や飲み薬などがありますので、かかりつけの動物病院で相談して決めてくださいね。

まとめ

犬を一生飼うには、250万~300万円の費用がかかります。ただしこれは、あくまで一般的なケースです。大きな病気やケガをすれば医療費がかさみますし、老犬になって介護が必要になれば、さらに費用もかかります。

犬は大事な家族です。いざというときに、安心して万全の医療を受けさせてあげられるよう、ペット保険に入っておくと安心ですね。

(関連)ペット保険とは?手厚い医療を受けるための基礎知識

この記事を書いた人

そばこ

そばこ